iPhone修理の際の費用

機種による値段の違い

毎日手放すことができないほど身近にあるiPhoneが故障をしてしまうと、とても不便な思いをすることになります。また地面に落として画面にヒビが入った場合に修理をせずにそのまま使っていると、他の不具合も出て来る可能性が高くなります。そうなる前に、早めに修理に出したいものです。Appleに修理の依頼もできますが、修理を専門に行っている業者もたくさんあります。業者に修理を出す前には見積もり金額を確認しますが、その際に注意しておきたいのは最新の機種であるほど金額が上がるということです。他の人の修理代を聞いてから業者に依頼をすると、予想していたよりも高額になることもあります。同じ症状でもiPhoneによって金額が変わることを事前に頭に入れておきます。

修理に必要となる金額の平均

IPhone修理に出す前には、念のためデータのバックアップを取っておくと安心です。またどのくらいかかるのか平均額を頭に入れておくと、納得して修理に出すことができます。IPhone修理代ですが、一番起こりやすい画面の損傷は5,000円から15,000円ほどです。お店によっては新しく使用する画面を純正に近い材質にするか、値段を重視して少しグレードを下げるかを選ぶことができ、それ次第でも修理費用が変わります。また長年愛用しているiPhoneだと、バッテリーが消耗して充電しても長時間使えなくなることがあります。この際はバッテリーを交換するだけで使い勝手がよくなります。費用は4,000円から7,000円ほどが相場です。そして水没もよくある事例で、この場合の修理には10,000円から12,000円ほどかかります。

© Copyright Phone Becomes Troubled. All Rights Reserved.